宮田宣也のブログ/明日がもっとスキになる

今,守るべき,つなぐべきこころって何だろう。

"I protect my island, so you protect your island"クロアチアの海で出会ったブルーノがくれた言葉

今年の6月,ベルリンとフランスでの神輿渡御を終えた後,スロベニアを訪れました。

そしてスロベニアの隣,クロアチアへも。

そこで出会った船乗りのブルーノ。

彼はガハハと笑いながら僕の目を見て大切な言葉をくれたのです。

f:id:nobuya315:20171017203317j:plain

・ブルーノとの出会い

 僕をクロアチアの島,ツレス島へ連れて行ってくれたのは空手家のヴィクトル。

彼は小さな自分の船を持ち,度々近くの島へと遊びに行くそうです。

パンツ一丁で海の上で腕立て伏せしたり,時には歌ったり。

「今日は風がいいからエンジンを切ろう」

マストを広げ,風で海を進みます。

ヴィクトルが連れて行ってくれたのは,オパティアという町から約6時間(!)の,ツレス島,小さなプライベートビーチでした。

到着すると,先に船が停まっています。

待っていたのは,真っ黒でふとっちょの船乗り。

彼が,ブルーノでした。

・誰もいないビーチ,5人で囲む火

 ブルーノは小さなゴムボートで,僕らの荷物を岸へとつけてくれました。

ヴィクトルとブルーノは船乗り仲間で,いつもこの浜で一緒に過ごしているようです。

僕らは明るい間にテントの準備をしたり,釣りをしたり,潜って何か食べれるものを探したりしていました。

やがて暗くなって来ると,薪を集めて火を起こしました。

本当は,ビーチでは火気厳禁だそうですがブルーノが地元の消防団なので自分で進んで火起こししていました。

彼はたくさんあるビーチをパトロールしたり,夜は船で過ごして監視しているそうです。

「毎日色んな奴らが来るんだ,今日は君たちが来た,出会いは宝物さ」

火を囲みながら,さっき海でとったカニを入れたトマトスープをみんなで回し,カニの身をバリバリかじりながらニコニコ喋っていました。

・ヨーロッパに何しに来たんだ?

 大きなペットボトルに入ったビールとブルーノ自慢の黒ワインを飲みながら,僕らはたくさんの話をしました。

「ところで,ヨーロッパへは何しに?」

「お神輿を上げに来ました!」

それから,お神輿って何なのかとか,じいさんが作ったものだとか,色々説明しました。

「僕は日本の祭りを,何とか守って行きたいんです。」

ブルーノは興味深そうに,まだカニをかじっていました。

・船で暮らすブルーノ

「どうだい?ここ,気に入ったろ?」

ブルーノは,オパティアで仕事をしながら、しばしば海へ出るそうです。

僕らが行った時も,10日目の滞在だそう。

そしてヴィクトルは彼の奥さんからさらに1週間分の食料を届けていました。

「俺はここで生まれ,ここで育った。この海が,この島が,好きなんだ。最高の人生さ。」

「日本も海に囲まれた島だろ?きっと日本も美しい場所なんだろうな!よし,約束しよう。」

“I protect my island, so you protect your island"

(僕は自分の国を守っているんだ,だから,お前も自分の島を守ってくれ)

彼はニカッと笑いながら,そう言いました。

彼は自分の暮らす自分の島を愛し,守っている事を誇りに思っています。

でも僕は,そんな風に思っていたかなと少し反省しました。

今の日本に,もしいつかブルーノが来た時,こんなに陽気に迎える事が出来るかな,と思ってしまいました。

自分の暮らす場所を自分たちで大切に守っていること。

誇らしげなブルーノから,僕は改めて日本の事を思いました。