宮田宣也のブログ/明日がもっとスキになる

今,守るべき,つなぐべきこころって何だろう。

都会ではお神輿は「地元の人しか担げない」んじゃなくて「地元の人は担げない」事を知っていましたか?

 秋祭りのシーズン真っ盛りですね。

僕の地元横浜のお祭りも終わり,シーズンも終盤に差しかかっています。

さて,お祭りの華であるお神輿。

「地元の人しか担げない」と言うイメージがありますよね。

しかし実は,「地元の人は担げない」と言う事がよくあります。

氏神様が乗ったお神輿を,氏子の人が担いでゆく。

それが本来の形ならば,少し意外かもしれません。

どういう事なのか,説明します。

f:id:nobuya315:20171010163124j:plain

・お神輿を担いでいるのはどんな人か

 それではまず,お神輿を担いでいるのはどんな人なのか。

通常,神輿渡御,祭礼を運営している人たちは,神輿会や祭礼保存会といった組織を作ります。

一つの地域に一つ,多町会であれば町会ごとに組織があります。

そういった人たちが中心となってお神輿が運営されているのは間違い無いのですが,昨今の深刻な担ぎ手の不足により,他地区から担ぎ手を招待します。

招待した他地区のお祭りも担ぎ手が不足していると,来てくれた代わりにこちらも駆けつける,という事で貸し借り無しの関係性が成立します。

特に,一つの神輿に様々な半纏が見られる場合,こういった構造になっている事が多いです。

担ぎ手が不足しているお祭りをお互いに助け合い,お神輿を継続しています。

・何故,地元の神輿なのに担げないのか

 氏神様の神輿を,氏子である地元の人たちが担ぎ町を回る,のが本来行われていたお神輿の渡御なのでしょうがいつしか地元の人たちだけで担げなくなると,祭り同士の交流が広がり,助け合う事でお神輿が上がります。

そのため,地元の人たちは,わざわざ担ぎに来てくれたお客様に楽しんで担いで頂くため,裏方に徹します。

お神輿を上げるには,もちろん担ぎ手だけではダメで,お神輿の方向を決めていく人,左右から抑える人,馬と呼ばれるお神輿の台や台車を運ぶ人,飲み物を運ぶ人,そして交通整理を行う人など裏方がたくさん必要です。

そのため,もうそこで担ぎ手まで人数が回らなくなってしまいます。

だから地元の祭りだと最初っからお神輿担いでいたりすると怒鳴られます汗

一般的に,お神輿は「地元の人しか担げない」イメージがありますが本当は「地元の人は担げない」という現象が起きてしまうのです。

・地方の祭りでは現在でもアンタッチャブル

 以上の様にどんな風になっているかを理解すれば,どんな人たちがお神輿を担いでいるかがわかると思います。

しかし!僕は青年期ずっと地元と地元周辺のお神輿しか担いでなかったので地方の祭りを訪れた時は結構ショックを受けましたが,地方の祭りでは現在でもお神輿は部外者はアンタッチャブルなものです。

先日訪れたすさみのお祭りは,神輿の担ぎ手は指名制で,選ばれた人のみ担ぐ事が出来ます。

僕も3年前何も知らずに神輿担ぎたいです!と言ってしまったのですが身辺調査が行われ,会議の際の議題で資料が配布され検討会が行われたそうです・・・。

逆に地域の若者は,お神輿は「僕らは最後に行き着く場所だから今は絶対担ぐ事はない」という意識があります。

横浜で担いでいた僕にとってはカルチャーショックであると同時に,お神輿をこんなにも大切にしている場所がある事に大変感動しました。

・神輿を共に担いでいく仲間たち

 どんな形であるにせよ,お神輿をずっと担ぎ続けていくのはとても大変な事です。

たくさんの人の協力が必要であり,担ぎ手が減っていってしまっているのは全国的な課題です。

しかし,だからと言って誰でも担いでいいよ,と簡単にはオープンに出来ないし,絶対にするべきではありません。

お祭りは数100年,場合によっては1000年以上続いて来た行事です。

どこの誰だかわからない人がお神輿を担いでケガやケンカしたらどうなりますか?

身内なら,穏やかに済ませられる事も出来ますが,現代では,訴訟問題になったりしてお祭りが続けられなくなる事だって考えられます。

実際に,担ぎ手を外から集めたところ荒らされてしまい長年続いた祭りが無くなってしまった神社もあります。

だから,長年お祭り一緒に続けて来た仲間のご縁は最大限大切にしていくことが必要になります。

徒らに誰でもお祭りに入れるべきではありません。

そんな事しなくても,お祭りには人を集める力があります。

他地域,と言っても僕の地元のお祭りで言えばお世話になっている神輿会は,祖父の代から長いところでは40年近い付き合いがあったりします。

それだけの歴史を紡ぎ,きっちり付き合いを続けて来たからこそ現在でもお祭りは続いているのです。